きものにっき

新潟県在住・20代女子が、着物を普段着にしようと独学で練習をしている様子を書いています^^

身幅の大きな着物を「小袖風」に着るのはどうだろうか

スポンサーリンク

小袖について

小袖というのは、検索してもらえればと思うのですが、
戦国時代の姫が着てるような着方に似てるなあと。

ゆーったりとした衿合わせ、腰に巻いた帯。
衿合わせというか、何でしょうね、全身ポケットみたいなw


昨夜すごくわかりやすいブログを見つけまして(読みふけってしまった!)、
そちらによると、小袖は身幅がかなり大きいらしいです。

だから、胡坐をかいてもはだけない、と。

▼かわいいイラスト付きでわかりやすい♪

身幅!

なるほど!身幅が違うのか!

着物って、体に巻き付けて着るから、身幅が大きいと折り返しが大きくなったり、全体的にぐすぐすしてうまくまとまらないんですよね。


ということは、身幅が大きすぎる着物は小袖のようにゆったりと着るといい感じになるのでは??
衿合わせを気にしなくていいですし♪

イメージ

下にタンクトップを着ています。

ゆるーん

特に横からのショットがわかりやすいですね!
なんか、お相撲さんみたいだな。

正絹でやったら…

タンクトップの上から羽織っているので、
肌触りが気持ち良すぎて幸せです!(*ノωノ)

こっちの着物の方が大きいのですが、さすがに胡坐をかいたら脚が見えてしまった。

さては小袖ってのは、よっぽどゆったりなんだな。

楽だー!

とりあえず、これ、かなり楽です。

なんだかんだ言って、おなか回りに何もないのはものすごい解放感。

ブログ村のランキングで、家の中では帯をしないという方がおられるのは知っていましたが、ほんと、帯いらないですね。


外出の時もこんな感じで出られたら楽だろうなー。

おなか回りがぐちゃぐちゃになるのは身丈が長いからなのかなあ。

研究のしがいがあります。

っていうか、カシュクールやん?

それでは!